新型コロナウィルス感染症に関連した当院の対応について 第2報

先日、新型コロナウィルス感染症拡大に伴う当院の取り組みについてご案内させていただきましたが、以下の点につきまして追加させていただきました。

①当院を受診されるすべての方は自宅にて朝晩の2回体温を計測し、発熱を認めるようであれば受診前にお電話していただき医師の指示をお受けください。
また可能な限りご家族(同居の方)にも体温を測定していただき発熱を認めた場合は当院にご連絡ください。

②里帰り分娩を計画されている方へ
 都市部からの里帰り(特に緊急事態宣言の出ている都道府県からの方)

 外来受診に関して新型コロナウィルスの感染拡大、院内感染防止の観点から30~32週の検診が終わりましたら2~3日のうちに帰省 をお願い致します。(これより早く帰省できるのであれば構いません)
 妊娠経過良好であれば帰省後2週間 (14日間) の自宅待機をお願い致します。
 この間、朝晩の2回体温測定をし記録してください。
 もし自宅待機中に出血、腹痛、破水等の産科的異常がありましたら必ずお電話にて連絡していただいてから受診してください。
 分娩の際のご主人の立ち会い及び面会はご遠慮ください。

※もし発熱等の症状が認められた場合には当院にご連絡していただき、先日お知らせしました各地域の帰国者・接触者相談センターの相談窓口にもご連絡をお願い致します。

 院内感染を防ぎ地域の医療を守るためご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。